top of page

国際語としての英語を身につける

英語で実践
ジェンダー × ニュートラル ×
ランゲージ × ワークショップ

真のグローバル人材へ

2023年5月20日 大学英語教育学会(JACET)言語政策SIG5月例会にて『ノンバイナリー三人称単数形のtheyの紹介: 米国大学における例を参考に』 発表

2023年4月22、23日 東京レインボープライド2023(@東京・代々木)出展

2022年11月12日 全国語学教育学会 (The Japan Associasion for Language Teaching, JALT) にて発表したポスタープレゼンテーションが、最優秀賞を受賞

2023年1月 アメリカ・ホノルルで開催される2つの国際学会 (HICE, IICE) にプレゼンターとして参加

次回オンラインワークショップのご案内をご希望の方は、下記ボタンからご連絡先をお知らせください。

2023年2月17日 

株式会社 瞬読 より、インタビューを受ける

記事を読む

2023年2月8日 

Bridge Terminalオンライン講演会 (ソニーグループ株式会社福馬様が個人的に運営するソニーグループ社員及び一般向け講演会)に登壇

題:世界共通語としての英語~ジェンダーニュートラルな英会話法~

​アーカイブ視聴はこちら

2022年11月26日 

一般社団法人日本英語コーチング協会が開催する『第2回JELCA英語コーチング・アワード2022年秋』の審査員をつとめる

2022年8月25日 

熊本シティFMラジオに出演、当ワークショップについてインタビューを受ける

概要

今、企業にとって、ダイバーシティへの取り組みが必須であると誰もが認識しています。

しかし、ジェンダーニュートラリティに関する正しい知識や態度を身につけているビジネスパーソンは多くありません。

 

一刻も早く、正しい知識と態度を育成する必要があります。

そしてそれは、日本語のみならず、英語で実践できてこそ、真のグローバル人材と言えます。

​ジェンダーニュートラルな社風の創造は、優秀な人材獲得と維持にもつながります。

ジェンダーニュートラルなことばでコミュニケーションをするのがグローバルスタンダード
❝日本語で学び、英語で実践❞

こんなことにお困りでは
ありませんか?

  • ジェンダーニュートラルって、大事らしいけど、今更ひとに聞けない

  • 英語で仕事をしているが、うっかり相手を不快にさせていないか不安

  • インクルーシブな職場を目指しているが、具体的にどんな言葉を選ぶべきかわからない

  • グローバル人材を育成したいが、何から手をつけていいかわからない

  • 自分や社員の失言で炎上したらどうしようかと不安だ

ワークショップ受講後には・・・・

例:

  • コミュニケーションにおいて日本は世界の潮流から遅れていると気づいた

  • 日本語だけでコミュニケーションをとり情報を収集していたと気付いた

  • グローバル企業と謳っているが、海外展開しているだけで、マインドセットは日本人のままだったことに気付いた

  • 企業役員として、何を発言すべきではないか、を理解でき、自信を持てた

  • 相手を尊重するために具体的にどんなことが自分にできるかが分かった

  • ジェンダーの多様性理解を示すために明日から使える英語表現を習えて良かった

このワークショップで
得られること

Gender-Neutral Language
ジェンダーニュートラルな
言葉・表現


【 日本語で学び、英語で実践 】

チームでミーティングする時も

​New Perspectives
新たな意識

インクルーシブな職場環境を整えることにつなげる

皆が快適に業務を進めるために

​Practical Training
実践

​【 日本語で学び、英語で実践 】

皆が心地よく業務を進めるために
❝日本語で学び、英語で実践❞
不快にならないコミュニケーション

世界と日本のギャップ

アメリカの法規制​

​世界の優良企業の取り組み

会議の正面写真
チームビルディングにもジェンダーニュートラルランゲージを

「インクルーシブな社会」「ジェンダーニュートラルな社会」とは

なぜ今、これらが重要なのか

LGBTQ+とは
SOGIとは

Gender と Sex の違い
アメリカ有名大学での教育

さらに、下記の背景知識を
学びます

知識+意識改革+実践

Knowledge + Awareness Raising + Training

本ワークショップでは、知っておくべき背景知識に加え、
参加者の皆さまのジェンダーニュートラル言語に対する意識改革を促し、
ジェンダーニュートラルな日本語&英語表現のシミュレーショントレーニングを実施。


単なるレクチャーでは終わらず、実践活用・習得を目指します。

ワークショップメニュー

企業さま向け

ジェンダー × ニュートラル × 

ランゲージ × ワークショップ

企業内研修におすすめです。ジェンダーニュートラルランゲージについて日本語で理解し、英語で実践習得を目指します。下記ボタンより、ご希望の日程と参加予定人数をお知らせください。

個人さま向け
ジェンダー
 × ニュートラル × 

ランゲージ × ワークショップ

​​お一人につき 1回 15,400円

個人でジェンダーニュートラルランゲージについて日本語で学び、英語で実践習得をご希望の方は、下記ボタンよりお申込み下さい。

​パートⅠとパートⅡがございます。

教育関係団体さま向け

ジェンダー × ニュートラル × 

ランゲージ × ワークショップ

学校など、教育機関で働く方々への研修におすすめです。教育者として知っておくべきことや態度に加え、それをどう次世代に伝えていけばいいかがわかります。

Image by Alesia Kazantceva

講師紹介

大学教員であり英語教育の専門者・グローバル企業や海外の大学で実際に英語を使用してきた講師が

ワークショップをリードします。

小塚暁絵

小塚暁絵

  • Grey LinkedIn Icon

NYUI-KOZUKA, Akie

 元立教大学 英語教育講師

Creative English 代表

MA in English (TESOL)

 

 早稲田大学社会科学部卒。 サンフランシスコ州立大学大学院にて英語修士取得。 同大学およびサンフランシスコ市立大学にて英語教授経験を積み、 帰国後は明治学院大学・早稲田大学非常勤講師、多摩大学専任講師、 立教大学教育講師・杉野服飾大学にてファッションに特化した英語プログラム・教材開発などを経てハワイ大学マノア校博士課程在学中。 専門は英語を母語としない学習者のための英語教育(TESOL)、学習者の発話を引き出す指導と教材開発研究。 大学時代に憲法・人権ゼミに在籍し、米国サンフランシスコでの大学院時代の LGBTQ+の人々との日常的な交流経験から、多様な各個人が、学びやすく働きやすい環境を創り出すことを意図している。

奥村きょうこ(小田恭子)

奥村きょうこ(小田恭子)

  • Grey LinkedIn Icon

OKUMURA, Kyoko

早稲田大学人間科学部 eSchool 教育コーチ

杉野服飾大学 英語講師

​​(株)セイル代表取締役

MA in English (TESOL)

​共立女子大学文芸学部卒。サンフランシスコ州立大学大学院にて英語修士取得。卒業後サンフランシスコ市立大学ESL講師として採用され、スペイン語や中国語を母語とする移民へのESL授業を担当。帰国後は高校英語教員を経て、グローバル企業に転職し、ITや海運業界で英語を使用して15年勤務する。その後、英語がネックとなりグローバルに活躍できないビジネスパーソンズを救うため、英語習得コーチング事業を始める。

夫と子ども二人を帯同し、シアトルにて1年半のプチ移住を決行。「多様性」を肌で感じ、在米中の経験を英語教育に還元している。

お問い合わせ

​24時間以内にご連絡いたします

Thanks for submitting!

bottom of page