検索
  • 奥村 きょうこ

世界に目を向ければ、年収も上がる

こんにちは。

英語コーチの奥村きょうこです。


円安が加速しています。


世界的に見ると、あなたは日本円で稼いでいるから、あなたの給与や資産は、この1年間で約10%目減りしたことになります。


「日本の中だけで生活しているなら、関係ないんじゃない?」


そう思っているあなた!


では、もし、あなたが「日本人である」というだけで、お給料が低いとしたら、どう思いますか?


実はこれ、本当の話です。

「日本人の人件費は低い」のです。


今回の記事では、あまり公では言いにくい話題に触れます。ご了承下さい。


かつて日本は、「アジア諸国から出稼ぎ労働者がやって来ている。なぜなら彼らの国の物価は安いから、彼らの給与が日本人よりも少しくらい安くても、彼らにとっては高額なのだ」


と思っている人がたくさんいました。今もいるかもしれません。

実は、私も2019年~2021年にシアトルにプチ移住するまでは、そんなイメージをまだ抱いていました。


しかし、それは、大きな間違い&狭い井の中の大きな蛙であると気づきました。


今は、「日本の物価は安いから、日本人は安い給与で働いてくれる存在」

「日本人は真面目で従順。そして安い」


そんな存在です。


「今、カナダで就労を目指す日本人の方々は、自分が日本語を話せるということを隠して就職活動をする」、そんな事実を聞きつけました。

心底驚きました。

日本人は低く見積もられるから、だそうです。


日本人の人件費の低さに拍車をかけているのが、「日本人の英会話力の低さ」です。


言わずもがな、世界の経済は英語で動いています。

世界共通言語は、英語です。当然と言えば、当然。



と、いうことは、英語が出来ると、それだけで人件費を低く見積もられることを防げます。


さらに、外資系の企業に転職したら、日本にいても、同じポジションなのに日本企業よりも給与は1.5倍、という人を私は個人的に複数名知っています。


さらにさらに、海外に出て、その同じポジションに就けば、さらなる年収アップをさらに望めるでしょう。


それでもまだ、「日本の中だけで生活しているなら、関係ないんじゃない?」と思うでしょうか?


それとも、「えっ 英語が出来るってだけでそんなに年収アップのチャンスが広がるのか」とワクワクするのか?


一人でも多くの日本人ビジネスパーソンに、後者であって欲しいと思います。




<<3ヶ月で「職場で話せるようになった」効果を実感>>

✅10年間、重い腰が上がらず、英語を先延ばしにしてきた外資系企業のビジネスマンも、

✅英語の会議で思うように発言が出来なかった日系企業のプロジェクトマネージャーも、

✅育休から戻ったら社内の英語環境がレベルアップしていて焦っていた外資系ママも、

3ヶ月で「職場で話せるようになった」効果を実感頂いています。

コーチングしながら、教えることも可能です。

英語教育の最前線にいるプロですから、安心してお任せいただけます。

お問い合わせ・体験セッションのお申込みは、「体験セッションに申し込む」をクリックしてご連絡下さい。




閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示